信用情報ブラックだからどうしても借りれない。

個人融資だったら信用情報は関係ないので、20万借りたいと伝えれば、即日借りれる可能性だってあり得ます。

もちろん信頼関係で成り立っていますから、相手が個人だからと延滞したりしたらいけませんけどね。

急に入院と手術をすることになったが借金をすることで助かった

入院と手術が必要となり、他に頼れるところもなく借金をすることにしました。

  • 入院と手術が急に決まったこと
  • 入院期間も長期でありその後の給料にも不安があった
  • 実際にどれくらいのお金が必要なのか分からなかった

急な入院が必要と告げられ、周りに頼れるところもなかったので借金をしなければならないと考えました。

それまで借金をしたことがなかったので、実際に借りることに不安を感じました。

また、どの会社で借りることがいいのかをネットなどで調べて可能な限りその後楽ができるように工夫をしなければならないと考えました。

質屋などに売れるものは売ってお金を作ろうとも考えましたが、結局大したお金にはならないと思ったため最終的には借金をすることに決めました。

借金をしたことで1番改善助かったことは、入院費用を払えたことです。

全く予想をしていなかった急な出費になってしまい、それ以外に頼れるところもなかったため大変助かりました。

また、入院費用だけでなく多少多めに借りることで働けなかった期間の給料分を補うことが出来ました。

入院後の薬代や病院へ通うための費用などもそこから出すことが出来ました。

病後で体調が安定しない時期でしたので、お金の面で助けが会ったことは精神的にもかなり良かったです。

もし、借金することができなかったら入院と手術が必要な状態であったので、入院費用を借りられなければ身体的に危険な状態でした。

友人などへお金を借りるという手段もありましたが、長期の入院のことはあまり知られたくありませんでしたし、その後の付き合いのことを考えると友人を頼らずに居て良かったと感じています。

もし友人にお金を借りていたら、友人への借金の返済のためにかなりのプレッシャーを感じていたと思います。

そういう点でも消費者金融会社相手に決まった額を返していくように出来たのは良かったです。

とは言っても、今まで借金をしたことがなかったので、かなりの抵抗がありました。

しかしどうしてもお金が必要な状態にあったのと、体験者のBlogなどで返済の期間や金額を調べることで自分の中で割り切りました。

特に大きかったのが実際の返済プランを想定していく作業です。

自分のその後の収支と実際の返済プランをしっかりと考えて、ネット上で消費者金融会社の方へ相談をするなどして、ある程度返済の目処がったたので借金をすることに決めました。

事実借金をしたことで安心して治療に専念できた

予想していなかった急な出費になってしまい戸惑いました。

しかし、あの時に借金をして問題を解決しておいて良かったと感じています。

治療が必要な体のことでしたので後回しにはしたくありませんでしたし、蓄えがなかったこともあり、借金できたことは個人的に良かったことだと思っています。

今後も同じようにどうしても避けようのない出費が出てくる可能性がありますが、その際にもよく考えて借金を視野に入れることはあるかと思います。

他にも、色々な事情からお金が必要になることがあるかと思います。

親族に頼ったり友人に頼ったりと色々な手段があるかと思いますが、消費者金融会社にお金を借りるのも視野に入れておいていいかなと思いました。

いくら借りてどれくらいの返済が必要なのかをしっかりと数字で確認しておくことで安心して借りることが出来ますし、実際の返済金を意識することで本当にその借金が必要なのかを考える良い機会になるかと思います。

ですが、借金をするならしっかりと返済プランを立てることです。

返済し終わらないことには自分のために使えるお金が減ったままとなりますし、その後ローンなどにも通りにくくなります。

私はかなりの長期プランで返済する形で返済しました。

月々一定の額を返済しなければならないのはかなりの金銭的、精神的な負担にはなりますが、無理のないプランであればある程度軽減されます。

また、私は自分の将来の為への出資だと割り切って考え自分もいつかは借金の返済のない生活を送るのだと考えて奮起しながらモチベーションを保ち返済をしました。